アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

学科・専攻 course

世の中を便利にする
想いを胸に!

ITを基礎から学び、個別の学習プランで資格取得を目指すのがこの学科。
目標の企業で活躍できるスキルを身につけ、より快適な世の中を創造する!

情報処理学科 DATA PROCESSING

情報処理学科の特長

今や社会と生活を支える技術であるITを、基礎から幅広く学習します。必要な資格を取得することはもちろん、「身につけた技術をどう活かすのか」を学ぶイベントや講座も充実。教員は全員IT業界出身で、経験も豊富。だから、今必要な技術を身につけることができます。

1年次

コンピュータの基礎から理解し、モノづくりに必要なプログラムの技術を習得します。

コンピュータを使ってモノを作るためには、まずコンピュータそのものを理解することから始まります。コンピュータの構造や何ができるのかを理解した上で、プログラムの習得を行います。現在IT業界で広く使用されているJava言語を基礎から学びます。また資格取得についても、国家試験をはじめ、メーカーが認定している資格(※ベンダー資格)にもチャレンジ。国家試験で知識を、ベンダー資格で技術力の証明を目指していきます。
※ベンダー資格:コンピュータ、ソフトウエア、ネットワーク機器などIT関連製品を製造・販売するメーカーが、自社で開発した製品について適切な操作技術を満たしていることを認証する民間資格のこと。

2年次

開発経験を通じて、身につけた技術の応用の仕方を理解します。

1年次に習得した、情報処理技術やプログラム開発言語の知識などを応用し、システム開発を行います。企画→設計→開発→テスト→運用と、工程を一通り体験することで、システム開発への理解を深めます。発案する力やアイデア力を鍛える実際の開発経験が、学生にとって入社後のアドバンテージとなり、自信を持ってプロとしてのスタートを切ることができます。

ADVANTAGE.1

本校独自の学習プランで学生全員が資格を取得!!

学生一人ひとりの理解度に合わせた学習プランのもと、目標とする資格も学生のレベルに合わせて設定。その結果、学生全員が資格を手にしています。学生の「不安」を「自信」に変え、次のステップに導いています。また基本情報技術者(国家試験)の午前中の試験が免除となる特別講座も実施。効率よい試験対策が可能になります。

ADVANTAGE.2

ハッカソンや企業連携で実践力を養う

資格を取得すれば技術の証明にはなりますが、本校では身につけた技術で何ができるのかまで追求していきます。48時間で便利なモノをつくり上げる「アーツハッカソン」や、企業連携講座では、システム開発をする上で重要な、ユーザーが使いやすい設計技術やスケジュール管理など、プロになるために必要な技術が身につきます。

ADVANTAGE.3

IT系企業からの求人数は1人あたり19.2社

現在、あらゆる業界、職種、生活の「基盤」となり、応用分野がさらに広がっているIT技術。いまなお成長を続ける産業であることを反映し、本校に寄せられる求人数は毎年増え続け、現在は1人あたり19.2社にのぼります。地元である横浜、神奈川県内をはじめ、毎年卒業生が就職し、活躍している企業から求人をいただくのも特長のひとつです。

ARTS LEARNING METHOD

情報処理学科のアーツラーニングメソッド

「実演」「訓練」「実践」この3つの過程を繰り返すことにより、プロとして「使える」実践的な技術を身につけることができます。

1.実演

学習するプログラムから
丁寧に指導。

コマンドプロンプト、Eclipse、AndroidStudio、SQL *Plus、Enterprise Managerなど、学習するプログラムの概要を説明。ツールの操作方法を実演し、参考プログラムの活用方法も教えます。

2.訓練

「制作」「チェック」を繰り返し、
技術を習得。

実際にプログラムを制作。講師によるチェック・改善を繰り返し、技術を習得。学んだ知識と技術を応用して開発の工程を一通り体験。システム開発への理解を深めます。

3.実践

開発・運用管理を行い、
実践力を鍛える。

自力でシステムやアプリケーションを開発。リサーチ、企画、提案から運用までのスケジュール管理を行い、実践力を鍛えます。各種イベントやコンテストにも参加します。

IT・エンジニアコース

システムやスマホアプリの開発を基礎から幅広く学習し、
便利なものづくりの技術を習得する

プログラムやネットワーク、データベース、アプリ開発など、ITの技術を基礎から幅広く学習します。IT業界で高い評価を得ている基本情報技術者や応用情報技術者といった国家試験、Java、データベース、Linuxなど世界で通用する資格を取得。さらに学んだ技術をどう生かすかを身につけるために、アーツハッカソンや企業連携、プログラムコンテストへのエントリーで実践力を養います。また最近のワークスタイルの多様化から、入学時よりノートPC貸与と併せてタブレットも持つことで、どこでも情報収集できる環境を整えています。

情報処理学科の様子をのぞいてみよう