アーツカレッジヨコハマ Arts college YOKOHAMA

学科・専攻 course

キャラクターデザイン・アニメコース CHARACTER DESIGN/ANIMATION

想像力と創造力で、
個性あふれるキャラクターを生み出す。

2年間でキャラクターデザイナー・アニメーターになるための確かなスキルを身につけます。美術の基礎であるデッサンからはじまり、キャラクターの設定やイラスト制作、デザイン基礎、さらにアニメーションやコミックを描くノウハウといった幅広い学習を実施。また、2Dをメインとしたアナログとデジタル両面の技法を習得し、多様なニーズに対応できる柔軟性も育成。コミティア等のイベントに参加し、制作した作品を外部に積極的に発信することで、デザイナーとしての姿勢とプロ意識を身につけていきます。

主な授業

デッサン

静物や石膏像、自画像などを描くことにより、立体感や質感、空間等を表現するための基礎画力を身につけます。

デザイン、アプリケーション基礎

デザインの「基礎から応用」を学びつつ、フォトショップやイラストレーターの操作を学習。検定取得に結びつけます。

キャラクターデザイン

人体の構造から描き方、キャラクター設定、世界観の構築、キャラクターイラスト作成など習得すべきスキルは多岐にわたります。

漫画

ストーリー構成、ネーム、ペンの入れ方、仕上げ等を初歩から学び、漫画を描くスキルを習得します。

アニメーション

アニメの基礎である歩き、走り、振り向き、目パチ口パク等を修得し、自分の描いたキャラクターを動かせるようになります。

目指せる職業

キャラクターデザイナー

アニメ、コミック、ゲーム等、多くの表現の場で求められているクリエイター。メディア業界の花型職業です。

アニメーター

テレビアニメや映画等、絵を動かすことがメインの職業です。一般に、一連の制作工程を分担作業で行います。

イラストレーター

ライトノベルなどの挿絵、絵本などのイラストを描く職業です。その他にもさまざまな活躍の場があります。

漫画家

ストーリー、演出、キャラクター作成など、すべてをひとりで表現します。その世界観がドラマやゲームになることもあります。

CGデザイナー

ゲーム業界や広告業界で常に求められているデジタルスキルを備えたスタッフです。

マスコットデザイナー

多種多様なサービスや広告、企業、団体等に使用されるマスコットをデザインします。

目指せる資格・取得できるスキル

Illustrator
クリエイター能力認定試験

DTP業界では必須ソフトであるIllustratorを習得することで実践力のあるデザイナーに。

Photoshop
クリエイター能力認定試験

デジタルコンテンツ作成、CGによる画像処理などデザイナーの実務に関わるスキルが身につきます。

ACHIEVEMENTS

学習の成果

就職実績

先輩に続いて、キミも業界の最前線へ!

ゲーム会社、デザインスタジオ、広告代理店にて、デザイナーとして就職していく割合が高いです。また、在学中にマンガ家やデザイナーとして仕事を請け負う学生も増えてきています。

デザイン学科の就職内定分野

■主な就職先※企業名順不同

  • (株)プロダクション・アイジー
  • (株)集英社
  • (株)gloops
  • (株)カラエン・クリエイティブ
  • (株)スプラシア
  • (株)千明社
  • (株)マイクロメイツ
  • (株)ミツエーリンクス
  • (株)アクタス
  • 六三印刷(株)
  • (株)ユードー
  • (株)シティコミュニケーションズ
  • (株)フリーセル
  • (株)クロスゲームズ
  • 日本企画(株)
  • (株)ニューフォリア
  • (株)アクエスティ
  • (株)アレックス
  • (株)クリード
  • (株)クロスポイント
  • (株)アイオウプラス
  • (株)ピーエーピースタジオトリア
  • (有)スタジオパストラル

在学生の作品

デザイン学科の学生が、在学中に制作した作品のヴィジュアルを紹介します。

※ほかにも学生たちが手がけた作品は多数あります。興味がある方は、ぜひオープンキャンパスにご参加ください。

■ レベルアップ ビフォー・アフター

デザイン学科の特徴のひとつである「個別添削サポート」
この添削を受けてレベルアップした例を「Before(入学時点)」→「After(現在)」でご紹介

■ コンテスト入賞者紹介

STORIE賞

株式会社インデックス主催
『STORIE』(ストリエ)
描け!太陽系最強のアイドル
アイドルキャラクターコンテスト

デザイン学科1年高橋 咲さん

アイドルが好きなので、このコンテストに挑戦!! 楽しく描けました♪ 入賞したのは初めてなので、とってもうれしいです。現在、ほかのコンテストにも挑戦しています。これから、もっとたくさん受賞できるよう、頑張ります!!

うさぎのぬいぐるみを持っている、かわいいアイドル。7つの表情を描き分け、感情豊かな表現が評価のポイントに。

特別賞

『静岡もえしょく®』プロジェクトスプレーガン擬人化コンテスト

デザイン学科2年根岸 麻衣さん

このコンテストは先生に紹介していただき、挑戦しました。特別賞をいただけて、とても嬉しかったです。今回は、車の整備工場のキャラクターの募集だったので、つなぎを着させてかっこ良く、でも靴は赤で女の子らしさがなくならないように心がけました。絵が平べったくなってしまうのがこれまでの私の悩みだったんですが、先生にアドバイスをいただいて努力した結果、立体的に絵が描けるようになりました。その成果が出たのでよかったです!現在もほかのコンテストの作品を制作中。こちらも頑張ります。

コンセプトは「スプレーガンの擬人化」と「20歳以下の女の子」。かっこ良く、表情は優しい素敵なキャラクターに仕上がりました。

■ ハマフェス(学園祭)にて配布した作品集

■ コミティアにて出品した作品集

OB INTERVIEW

株式会社プロダクション・アイジーに就職 大久保洸太郎さん(2016年デザイン学科 卒業)

プロのアニメーターの先生に直接教えていただいた経験が財産になっています。

内定おめでとうございます。

アニメーターとして内定をいただきました。「プロダクション・アイジー」は第一志望の会社で、アーツに入学する前から働いてみたいと思っていたんです。内定をいただいたときは、とてもうれしかったです。

今後仕事をしていく上で、役立った授業はありますか?

もちろんアニメーションの授業ですね。プロのアニメーターの先生に直接教えていただき、仕事や就職活動についてもアドバイスをいただけたのはとても大きかったです。あとはデッサンの授業。15時間以上、同じものを描くことも多いので、忍耐力も身につきました。また選択ゼミでは、「動画コンテンツ」を選択し、撮影や編集を行いました。この授業は僕のやりたいことに近くて、とても楽しかったです。

最後にアニメーターなど、デザイン業界を目指す後輩や高校生にアドバイスをお願いします。

例えば人のキャラクターの絵を描くとき、いろいろな角度から見た絵を描く練習をしておくと、実践の役に立ちます。あと落書きひとつでも、足を描いていないとか、描くのを途中でやめちゃうのプロのアニメーターの先生に直接教えていただいた経験が財産になっています。は絶対にだめ。描きはじめた絵は必ず最後まで描く、というのを習慣にしておくとよいと思います。僕も昔から絵を描くのが好きで、「アニメーターになりたい!」と思って練習をはじめたのが高校2年生の頃でした。たくさん絵を描くことは、絵がうまくなるためには必要なこと。皆さんも頑張ってください!!

※2015年12月にインタビュー収録